このページの先頭へ

Home > 特集記事 > ほんまもん通信 > インタビュー/シリル・アロンソ

ワインの芸術家シリル アロンソは、グランクリュにも匹敵する魅惑の自然派ワイン。豊かで果実味に溢れ、複雑で個性的でおいしいヴァン ナチュレル。

シリル・アロンソのプロフィール
自然派ワイン醸造家。様々な経験を経て、現在では、知る人ぞ知るフランスでも有名な醸造家となる。もちろん、数々の賞の受賞やワイン誌での掲載は言うまでもない。醸造家の命ともいえるブドウの入手には、ブドウ栽培家との親密な関係を築くなど、栽培する以上の神経を注ぐ。自然派ワインの父と言われるマルセル・ラピエールとの親交も深い。
「シリル・アロンソ」の関連記事
「シリル・アロンソ」に関連する特集記事へのリンクです。ぜひ、目を通してください。
インタビュアープロフィール
バブルの落とし子。ブランド志向の20代を過ごし、30代半ばにして本当の心の豊かさを求め、シンプルライフに目覚める。モノを見極める審美眼は周囲からの評価も高く、数多くの執筆を手掛ける。おいしいものへの追求も人並み以上なのだが、アルコールが得意でないため、ワインには量より質を求める。好きなワインのタイプは、ヴァン・ナチュレルの白。映画会社、レコード会社、出版社などを経て、WEB・モバイルプランナー、エディター、ライターとして活躍中。2012年1月にオープンした自然派ワイン専門店『pcoeur(ピクール)』のプロデューサーを担当し、現在、オーナー兼店主を務める。
 
【編集・執筆】池田 あゆ美|オフィス アイダブリュー
// Office AIW // オフィス アイダブリュー

シリル・アロンソがマコネーやボージョレで造る自然派ワインは、自然を敬い、健全なブドウを収穫し、丁寧に醸造して完成させる、魅力溢れるワイン。

シリル・アロンソが造るワインは生きている

今回、フランス現地取材の機会を得ることができました。その第一弾は、堂々としたブドウの息吹と生命力を表現しながらも、大胆かつ繊細な味わいのワインの作り手シリル・アロンソのインタビューです。情熱、高揚、繊細、洗練…様々な感覚のキーワードを呼び起こす彼のワイン。飲む人の奥底に訴えかけるものは、ブドウの魅力以外にも作り手という人間としての魅力もあるように思えてなりません。

— アロンソさんのワインを飲んで単純においしい!と思いました。そこでワインづくりにおいて、アロンソさんが大切と思っていることは何でしょうか?

アロンソ(以下 A):はるばる日本から来てくださって、ありがとう!そうだね、私の考える質の良いワインを作るための最も重要な要因としては、第一にブドウ畑の自然環境について熟慮すること。そして、土壌づくり。微生物の活性を促進するために通気を行い、雑草を抜かず、自然物資でのぶどうの樹の衛生管理を行うこと。有機肥料を使用し、生命の営み全てを尊重することかな。忘れていけないことは、ブドウに付着している自然酵母の力しか使わないということです。あとは、糖と酸のバランスが最も良い状態の熟したブドウを手摘みで収穫すること。先輩たちから「いいワインを作りたいなら、最後に収穫しなさい。」と言われたもんだね。収穫量は抑える必要があって、節度をもって摘むことが大事。また、収穫した後にタンク詰めするときに衛生を保つのは必要不可欠です。そうそう、自然発酵の時間を尊重する必要もあるね。つまり、気を遣う点はいくらでもあるんだよ。本当に忍耐が重要。ワインは生きていることを忘れてはいけません。

— アロンソさんが考えるおいしいワインの定義とは、何ですか?

A:おいしいワインとは、バランスが良くて、そしてスムーズで、果実味があり、「どこの地方で、何の品種で、どの生産者が作ったのか?」など、きちんと語れるワインじゃないかな。語れるワインというものは、それだけ魅力があると思うね。

— 師匠は、自然派の父とも言われる「ジュール・ショーヴェ」ということですが、彼から学んだことや受け継いだ思想はどんなことですか?

アヴィニョンから車で約20分。オランジュで有名なレストラン『ジェラルド・アロンソ』

A:ジュール・ショーヴェの残した文献などから、彼の仕事や人生に対する思想を学んだんだ。やっぱり、そこから強い影響を受けたし、僕のような醸造家としての仕事に対する考え方の自由がそこにありました。ジュール・ショーヴェは、自然派ワインの先駆者です。彼は我々に化学薬品なしでワインを作ることができることを証明しました。「おいしいワインは、薬なしのワインだ。薬は、病気のために使われるべきである。(1960年ジュール・ショーヴェ)」と言ってるしね。それぞれのキュベやミレジムには違いがあり、それぞれ独自の個性が表れるものです。そこから得られる色々な発見があるんだ。つまり、何もないことから何も習得できないということ。そして、ワインは私に謙虚さを教えてくれたね。

— ご両親は、ボージョレ地区で有名なレストランを経営されていたということですが、両親からどんな影響を受けていられると思いますか?

A:まず、両親のおかげで有名な「自然派」ワイン生産者と知りあうことができました。そして、彼らからワインにまつわる様々なことを聞き学ぶことによって、自分の持つ感性を開花させてもらいました。両親には忍耐力、好奇心、観察力、人や自然を尊重することを教えてもらいました。

コメントをどうぞ

name

email

url

comment