Home > インフォメーション > 2010広島ワイン試飲会 ご案内
2010広島ワイン試飲会 ご案内
12.21 2009

2010年1月18日に広島でワイン試飲会を開催させていただきます。
約50アイテム出展予定。新着ワインを含む広島初出展ワインも多数ございます。
そして今回は、全国的に高い評価をいただいているアルザス・南仏ミネルヴォワの生産者、マルク・テンペ氏が来日。直接お話して頂けます。この機会に彼の熱いパッションを感じてください。
なお、小売店さま、飲食店さま向けの試飲会でございますので大変申し訳ございませんが、一般の方は、ご遠慮いただいております。何卒、ご理解ください。
 
※下記画像をクリックして、印刷してお使い下さい。

関連記事
本記事に関連するワインや特集記事へのリンクです。ぜひ、目を通してください。

コメント / トラックバック 4 件

  1. 荒川 能宏 より:

    お世話になっております。

    浜松の酒の小売店です。

    名古屋の試飲会会場はどちらでしょうか?

    また、開催時間など教えてください。

    よろしくお願いします。

  2. Diony より:

    荒川さま>
    申し訳ございません。
    試飲会場日時を記載した画像をアップしました。
    http://www.diony.com/201001/806.html

  3. いのうえ より:

    初めまして、名古屋市在住の井上と申します。
    先日、御社が輸入されているフランスの白ワイン”Clic Clac”を知り合いにプレゼントされ、喜んで飲んでおります。
    一つ質問があるのですが、表のラベルには”sans sulfite”と記載があり、裏のラベルには「酸化防止剤(二酸化硫黄)」と記載がありますが、これはどう解釈すればよいのでしょうか?
    製造元は”sans sulfite”と表記したものの、御社の検査により、二酸化硫黄が検出されたということでしょうか。
    とても美味しいワインなので、また是非飲みたいと思っております。
    是非、教えて下さい。
    よろしくお願いいたします。

  4. Diony より:

    いのうえさま>
    Clic Clacはご指摘のとおりsans sulfite(酸化防止剤無添加)で醸造・瓶詰めをしております。
    但し、一般的にワインは、醸造段階で極少量ではありますが二酸化硫黄(SO2)が自然発生致します。
    弊社では、酸化防止剤無添加であっても、ワイン完成時に極わずかでもSO2が含まれる場合、
    その含有量の多少に拘わらず、裏ラベルに記載することにしております。
    参考までにClic Clacの残存SO2は10mg/Lと極少量です。

コメントをどうぞ

name

email

url

comment