Home > ディオニー設立15周年を迎えて

ディオニーは15周年を迎えることができました。これもひとえに皆様のご支援の賜物として、ありがたく厚くお礼申し上げます。

日頃より大変お世話になっております。
お蔭様を持ちまして1913年の創業から100年以上を経過し、2016年4月にディオニー設立15周年を迎える事となりました。ここに節目のご挨拶を申し上げます。

「お客様そして生産者の方々への感謝の気持ちを忘れないこと」 それは創業以来大切に引き継がれて来た弊社の理念です。そこに新たに「感動」という大切な「こと」を取り入れたのが、2001年4月ディオニー設立の時でした。
「生産者が丹精込めて造られた心揺さぶる商品とその波動をお取引先様と消費者の皆様まで伝えたい!」との想いで歩んで参りました。それが私どもの根幹であり存在価値であると思っております。
本来なら創業100周年に何か「こと」を起こすのが通常ですが、設立15周年にこだわるのはその為です。

この15年間に素晴らしいワインを造って下さる生産者は100を超えるようになりまし

た。また素晴らしい國酒を造って下さる蔵元は90社を超えています。一昨年から事業を開始しました食品事業の方々も17社を数えます。そして弊社の提案商品をお取り扱いいただくお取引先様は全国各地に広がり、お陰様で消費者の皆様からも「ディオニーの商品いいね!」というお声を数多くいただけるようになりました。

お取引先並びに生産者の方々、そしてご用命下さいます消費者の皆様には本当に感謝の気持ちで一杯です。その「感謝の気持ちと感動の波動」をお伝えしたく設立15周年を記念して、新たに「こと」を起こして参ります。

テーマは『15années Coup de Foudre =15年目の衝撃的な一目惚れ』

このコンセプトのもとに、記念限定商品を発売致します。
8人の素晴らしいワイン生産者、そして設立以来お世話になってきた2社の蔵元に想いを託し特別な商品を造っていただきました。限

定数量ではありますが、生産者の方々にも温かいご協力を頂き、感謝の気持ちも込めてとっておきのリーズナブル価格で提供します。

また4月には今回協力者であるヨーロッパの8ワイン生産者が一挙に来日し、東京、名古屋、大阪、京都でプロフェッショナル向け試飲会、そして消費者の皆様にご参加いただけるイベントを開催する予定です。多くのご来場を心よりお待ちしております。

私どもディオニーは「絶え間ない進化」を信条に今後も歩みを進め、いつも「ときめき」を感じていただける会社、「感動の波動の広がり」にお役にたてる会社でありたいと願っております。

2016年4月 ディオニー株式会社
代表取締役社長 前田豊宏

L'évolution sans arrêt 絶え間ない進化

ディオニー設立以来15年間、単に「モノ」を販売するのではなく、選りすぐりの商品を、それらを取り巻く「ステキなもの」と一緒にお届けすることをテーマに営業活動を行って参りました。生産者の情熱やフィロソフィー、商品の開発ストーリーやエピソード、お客様への提供方法やマリアージュの提案など皆様にお伝えしたいことは沢山ございます。そして、この事こそが私どもの存在価値と思っています。「ときめき」を感じていただける商品を開発し続け、「ステキなもの」と共に皆様にお届けし続ける事が使命です。

15周年を機に「L’evolution sans arret!= 絶え間ない進化」を新たに指標として掲げました。現状に甘んじ、そこに留まっている事は衰退の始まりと考えます。

「酒 食 語らいを通じて、すてきな生活文化を創造し、心豊かな社会の実現に貢献する」
設立以来の経営理念はそのままに、絶えず進化して参りたいと願っております。

ディオニーの目指す道

「真のナチュラルワインを求め続けます」
生産者の哲学とテロワールの味わいを感じ取れるもの、ブドウ栽培とワイン醸造において出来る限りナチュラルなものを厳選し、最良の状態でお届けすることが大切と考えます。

「ほんまもんの旨安ワインにこだわります}
優良生産者との長年の信頼関係をもとに、コストパフォーマンスとオリジナリティ溢れるものを一緒に造りだすことが、今後ワインマーケットの正しい成長に繋がると確信しています。

「差別化のできる國酒をお届けします」
オリジナリティは勿論のこと価値と価格のバランスを追求し、店頭での多彩な品揃えの実現を目指します。

「ナチュラルな日本酒の積極的な提案をしていきます」
新たな切り口への挑戦!蔵元と共同で自然派・無農薬栽培米で造る日本酒を国内はもとより世界へ発信します。

「自然な美味しさと安心を食卓に届けます」
昔ながらの原料、製法を基とし、化学調味料・合成食品添加物を使用しない食品ブランド“嵯峨野匠庵”で確たるニーズを国内外問わず求心しつつ、美味しく身体に優しい食品の開発を間断なく続けます。

「お客様へステキな情報を正しくお伝えします」
日々の営業活動は勿論、メール配信やホームページ・SNSを通じて皆様のお役に立てる情報をタイムリーにお届け出来ればと願っております。

「お取扱店様の利便性の向上を図って参ります」
品質管理を更に徹底しつつ、新たに開発したWeb発注システム等により便利な機能や各種特典を提供し、定番商品の欠品と誤配並びに不良品配送を極小化致します。

2016年4月 ディオニー株式会社
専務取締役 大西直二
常務取締役 西木秀行

ディオニー15年の軌跡

2001年 3月:酒類食品総合卸業務を終了
4月:伏見区奈良屋町の旧酒蔵へ本社を移転
商標をDionyと定め、専門特化型商社に業態転換
酒蔵を改造した定温倉庫を活用し、パーフェクトリーファーシステムを構築
7月:前田豊宏が代表取締役社長に就任、ワインインポート事業を本格化
2002年 1月:リテールサポート子会社 ジャイロ京都と経営統合
ディオニー株式会社に社名変更
第一回ほんまもん試飲会を京都にて開催
2003年 7月:フランス現地買い付けを本格スタート
11月:東京にてワイン試飲会を初開催
2004年 1月:オリジナル商品を生産者と共同開発スタート
4月:東京オフィスを渋谷に開設 全国へ販売ネットワークを拡大
2005年 1月:Dionyと生産者のコラボレーション本格化
9月:ホームページのリニューアルに着手
2006年 10月:アルザスよりマルク・テンペ氏初来日
12月:Dionyオフィシャルサイト開設
消費者の皆様とのコミュニケーションを強化
2007年 3月:京都錦小路にビオワインと洋風小皿料理の「SEKAIYA」を開店
外食子会社「MCD」と経営統合 生産から消費までのネットワークを構築
ワイン専門誌リアルガイドの優良インポーター23位にランキング
11月:ラングドックよりドメーヌ・ド・ラ・ガランスのピエール・キノネロ氏初来日
アルザスよりマルク・テンペ氏来日
2008年 3月:ブルゴーニュよりシリル・アロンソ氏初来日
4月:東京オフィスを移転 首都圏の営業体制を強化
11月:アルザスよりマルク・テンペ氏来日
2009年 1月:コート・デュ・ローヌよりキャトル・フィーユのヴァンソン&ロマン兄弟初来日
ブルゴーニュよりドゥニ・ジャンドゥ氏初来日
4月:プロヴァンスよりアンリ・ミラン氏初来日
ラングドックよりマス・ド・ジャニーニのティエリー&パスカル兄弟初来日
リーファーシステムジャパンで15℃定温配送開始
10月:「SEKAIYA」パーティールーム増築
2010年 1月:ロワールよりフィリップ・テシエ氏初来日
11月:アルザスよりマルク・テンペ氏来日
2011年 1月:ブルゴーニュよりオレリアン・ヴェルデ氏初来日
4月:Diony設立10周年を迎える
11月:シャンパーニュよりフランク・ボンヴィルのオリヴィエ・ボンヴィル氏初来日
2012年 3月:インポートワイン定温倉庫を鴻池大阪倉庫に移転し15℃での管理徹底
ラングドックよりドメーヌ・ド・ラ・ガランスのピエール・キノネロ氏来日
4月:アルザスよりマルク・テンペ氏来日
6月:ラングドックよりマス・ド・ジャニーニのグザヴィエ・ジュリアン氏初来日
10月:プロヴァンスよりテオフィル・ミラン氏初来日
11月:コートデュローヌよりマチュー・バレー氏初来日
アルザスよりマルク・テンペ氏来日
2013年 1月:プロヴァンスよりテオフィル・ミラン氏来日
3月:京都六角にナチュラルワインと國酒の専門店「前田豊三郎商店」を開店
4月:創業100周年を迎える
アルザスよりマルク・テンペ氏来日
5月:スペインカタルーニャよりオリヴィア・ジュニエット氏初来日
7月:コスモジュンと事業統合 AvecJブランド取扱い開始
2014年 2月:DionyブランドとAvecJブランドの価格政策を統一
3月:ラングドックよりマス・ド・ジャニーニのジュリアンファミリー来日
4月:アルザスよりマルク・テンペ氏来日
5月:ルーションよりブルノ・デュシェン氏初来日
8月:ブルゴーニュよりシリル・アロンソ&フロリアン・ルーズ氏来日
11月:シャンパーニュよりセバスチャン・ムーゾン氏初来日
ロワールよりセバスチャン・リフォー氏来日
2015年 1月:AvecJブランドにおける生産者とのコラボレーション強化
3月:アルザスよりマルク・テンペ氏来日
4月:“食”事業部を新設 嵯峨野匠庵ブランド取扱い開始
9月:販売店様の利便性向上を目的に「Web発注システム」を開発
フェイスブック公式ページにより情報提供開始
11月:東京オフィスを現住所に移転
イベントスペース「L'ESPACE Diony」を開設
2016年 3月:Diony15期決算感謝セールを実施
ワイン専門誌リアルガイドの優良インポーター5位にランキング
4月:Diony設立15周年を迎える
フランス・スペインより8生産者が一挙来日
「Coup de Foudre」イベントを東京・名古屋・大阪・京都で開催
「Web発注システム」運用開始
販売店様への利便性向上と情報提供を充実化

2001年 11月:「ジョセフロッシュ」
コストパフォーマンス溢れるモノセパージュ(単一品種)ワインを日本初紹介
2002年 9月:「リヴィングアース」
地球環境保全をコンセプトとするナチュラルワインを日本初紹介
2003年 11月:「ドメーヌドラガランス」
南仏の怪物と言われるピエールキノネロのナチュラルワイン取り扱い開始
2004年 1月:「松庵」「麦斗」
個性的で味のある味わいを追求し初のPB芋焼酎・麦焼酎を開発
8月:「ラパッショングルナッシュ2003」
ルーション・モーリーの生産者と共同開発
11月:「アラン&オレリアンヴェルデ」
ブルゴーニュのオーガニック先駆者を日本初紹介
2005年 2月:「京生粋」
全て京都産に拘った日本酒を佐々木酒造と共同開発
5月:「マルクテンペ」
アルザスの偉大なビオディナミストを日本初紹介
11月:「フランクボンヴィル」
アヴィズのグランクリュシャンパーニュの取り扱い開始
2006年 7月:「ドメーヌミラン」
プロヴァンスの芸術家といわれるアンリミランのナチュラルワイン取り扱い開始
2007年 11月:「シリルアロンソ ボージョレヴィラージュ プリムール」
ボージョレの異端児シリルの新酒 初の取り扱い
2008年 8月:「ATURA」「ルタンデジタン」
認証つきお手頃価格ナチュラルワインとして新発売
2009年 4月:「キュヴェ KAZE ~風~」
ドメーヌドラガランスの日本向け限定キュヴェ新発売
「然」
有機栽培芋使用焼酎を花の香酒造と共同開発
10月:「セリエドボール シードル」
ブルターニュ産オーガニックりんご100%シードルを日本初紹介
11月:「ドメーヌデキャヴァロド」
ジュラの若手優良生産者エティエンヌティボーを日本初紹介
「英勲」
全国新酒鑑評会連続13回金賞受賞蔵とオリジナル吟醸酒を商品化
2010年 6月:「ナチュールヴィヴァン」
2010年 海洋環境保全をコンセプトに湘南と南仏で共同開発
8月:「福寿純米酒特別栽培米使用」
神戸酒心館と米に拘りぬいたPB清酒を新発売
2011年 4月:「10années Coup de Coeur」=「10年目の一目惚れ」
Diony10周年記念に4ヴィニロン4蔵元と共同開発
佐々木酒造・斎藤酒造・王手門酒造・光武酒造と特別酒を共同開発
8月:「マスドジャニーニBIB」
ナチュラルワインのコストパフォーマンスを追及し3Lボックスワインを自社開発
10月:「フェルムドラモット ポワレ」
ノルマンディ産オーガニック洋梨100%シードルを日本初紹介
2012年 1月:「グラップリ」
ロワールの若手生産者ルノーゲティエの取り扱い開始
7月:「カステルダージュ」
スペイン・ペネディスよりナチュラルカヴァを日本初紹介
9月:「野津院之荘萬力屋」
大分麦焼酎を新発売
2013年 5月:「ドメーヌドボルダット」
バスク産オーガニックりんご100%シードルを日本初紹介
7月:「ビネール」「ジュリアンラベ」「ヴァンサントリコ」「セバスチャンリフォー」「レヴァンコンテ」
フランス各地のヴァンナチュール〈無添加ワイン)の輸入を本格化
9月:「正春 甕仕込み甕貯蔵 5年」
有機栽培の芋と米で作った初の自然派芋焼酎
2014年 1月:「オリヴィエリヴィエール」「マラニョネス」
スペイン産ナチュラルワインの輸入を本格化
2月:「ベラヴィットリオ」「カンティーネヴァルパーネ」「メルカレッチャ」「カンティーネマドンナ」
イタリア産ナチュラルワインの輸入を本格化
9月:「崇薫」「菜々」「一鳥万宝」「蔵王櫻」
無農薬栽培米使用日本酒続々導入
2015年 3月:「純米みりん生粋三河産」
みりん初のPBを九重みりんと共同開発
5月:「Minori」
Diony+新井順子+ビネール+ヴァイマンのコラボレーション
9月:「山名」「長門峡イセヒカリ」「天鷹」
無農薬栽培米使用日本酒続々導入
12月:「セビアンコムサ」「アッサンブラージュデュシュッド」「コントロワイエ」
コストパフォーマンス溢れるナチュラルワインを自社開発
2016年 2月:「プティクロデヴォン」「ロスタル」
南西地方注目の新生産者を日本初紹介
3月:「マリーティボー」「ジュリアンピノー」「クレモンバロウ」
ロワール地方注目の新生産者を日本初紹介
4月:「15années Coup de Foudre」=「15年目衝撃の一目惚れ」
Diony15周年記念に8ヴィニロンと共同開発
共に歩み続けてきた佐々木酒造と東山酒造2蔵元と特別酒を記念発売
5月:「ユスティリチオニュ」
南仏コルシカ島の優良ビオディナミ生産者を日本初紹介